Skip to main content

Professional Scrum Master

Live Virtual Class, July 3-4, 2023

Class Overview

 

PSM Banner Advert

プロフェッショナル・スクラムマスター™(PSM I)研修は、スクラムのフレームワークの基盤となる原則とプロセスや理論、およびスクラムマスターの役割を学ぶコースです。座学とチームごとの演習を組み合わせ、スクラムとアジャイルの核心を指導致します。

2日間を通して、効果的なスクラムマスターになり、そしてソフトウェアに限らず、新製品開発チームを効率と効果の向上に向けて指導したりする有効な考え方や姿勢やテクニックを学んでいきます。こちらにはサーバントリーダーシップと行動変容のための高度な思考の学習が含まれています。

 講座を通して、受講生はスクラムの原則の観点を基準に考えることに挑戦しながら、現場で実際に何をすべきかをより良く理解できるようになります。 

PSM I研修は、単なるレクチャーではありません。この研修では、学生は他のクラスメートと一緒にチームとして実際のケーススタディに取り組んだり、事例に基づいたディスカッションをしたりします。 

Class Details

Language

Japanese

Delivery Method

Live Virtual Class
Time Zone: Asia/Tokyo
Start/End Time: 9:00 AM - 5:00 PM

Date

Start: July 3, 2023
End: July 4, 2023

Class Format

Traditional

Partner

Optilearn

Registration & Price

Price: JPY 220000
Tax is included.

Registration for this class has closed

More Information

主な対象者

このクラスの主な対象者は、スクラムマスター、チームリーダー、マネージャー、プロダクトオーナー、デベロッパー、またはスクラムチームがどのようにしてプロダクトを開発し、価値を届けられるかに関心を持った方々です。クラスの名前に関わらず、「スクラム マスター」だけの内容ではありません。

コースの内容を理解するのに必要な経験や知識は特にありません。スクラム未経験の方でもぜひご検討ください。

コース内容

スクラムの基盤となる理論と第一原則、そして実際の有効的なスクラム活用方法を学んでいきます。トレーナーの豊富なスクラムマスター経験も生かしていきます。

主なテーマ

  • 経験主義:スクラムの基盤にある、自己の経験を重視し、それによって物事を判断しようとする態度。
  • スクラムの価値基準:スクラムが成功するかどうかは、5つの価値基準を実践できるかどうかにかかっている:確約(Commitment)、集中(Focus)、公開(Openness)、尊敬(Respect)、勇気(Courage)。
  • 自己管理:スクラムチームは⾃⼰管理型であり、誰が何を、いつ、どのように⾏うかをスクラムチーム内で決定する。スクラムチームがうまく「自己管理」できるかどうは、スクラムの成功に大きな影響がある。
  • スクラムチーム:スクラムマスター、プロダクトオーナー、デベロッパーのそれぞれの責任と機能横断型であるスクラムチーム全体の責任。
  • スクラムイベント:スクラムには5つのイベントがある。これらのイベントは必要な透明性を実現するために明確に設計されていて、スクラムの作成物の検査と適応をするための公式の機会である。
  • 作成物:スプリントの期間を通して、スクラムチームはより多くのことを学ぶにつれて、「透明性」をもって、3つの作成物を「検査」し、必要に応じて「適応」する:プロダクトバックログ、スプリントバックログ、インクリメント。

他に含まれるテーマ:完成の定義、ファシリテーションのテクニック、リーダシップスタイル、コーチング、メンタリング、労力の見積とリリース計画、プロダクトの価値の最大化、プロダクトバックログ管理、創発的なソフトウエア開発、技術的リスクのコントロール、継続的な品質、等

この研修を受けて他に得られるベネフィット

  • Scrum.orgのプロフェッショナル・スクラムマスターI(PSM I)は業界で認知されている認定証です。
    プロフェッショナル・スクラムマスター研修 PSM Iを受けた受講者全員に、普段150ドルかかるPSM I試験を受験するためのパスワードが無料で発行されます。
  • パスワードが届いてから、14日以内に受験する必要があります。合格するのに、85%以上のスコアが必要です。85%以上のスコアを得られなかった場合、追加費用なしで2回目の受験が認められます。
  • 3回目が必要な場合、50%割引コード(150ドル ⇒ 75ドル)がもらえます。
  • 他社の認定証とは異なり、Scrum.orgの認定証には有効期限がありません。
  • Scrum.orgのPSM II 試験の 40% 割引コード(250ドル ⇒ 150ドル)がもらえます。
  • プロジェクトマネジメント協会(PMI)の14PDU(承認された学習を定量化するために使用される測定単位)を報告できます。

Feedback

費用

費用は、1人あたり22万円になります。

プロフェッショナル・スクラム・トレーナー紹介

私はフォンテーヌ・グレゴリ(Fontaine Gregory)と申します。フランス出身です。2017年に来日しました。唯一、日本語を話すプロフェッショナルスクラムトレーナーです。トレーナー以外は、アジャイルコーチ、コンサルタント、そしてスクラムマスターとして様々な企業をサポートしてきました。スクラムマスターとして、ソフトウエア開発チームに限らず、多数のスクラムチームをリードしてきました。

トレーナーとして、私は理論と実践の良いバランスを取ろうと常に意識しています。また、スクラムの経験が長くて、今でもトレーナー以外にスクラムマスターの立場でスクラムチームを支援しているので、研修の時にこれらの経験を生かしていきます。

この研修以外でも合同会社アゴラックスを通して、様々なサービスを提供しています。もし興味がありましたら、Agorax.jpをご覧ください。また、もしよければ、LinkedInまたはTwitterでフォローお願いいたします。

Venue

この研修はバーチャル開催となります。使うツールはZoomとMuralになります。詳細な参加方法は、研修の1週間前までにお送りいたします。